「電動車椅子サッカー」とは?
国際的な呼称は、パワーチェアーフットボール。それは、「足を使わないサッカー」です。選手たちの多くは、自立した歩行ができない障害を持っており、なかには上体や首の保持ができないほど重度な障害を持つ選手もいます。しかし選手たちは、ジョイスティック型のコントローラーを手やアゴなどを使って車椅子を操り、巧みにプレーします。プレーヤーに男性・女性の制限はありません。選手同士が激しくぶつかり、ボールを奪い合う迫力。そして展開の早いゲーム進行と、大変見応えのあるスポーツなのです。

 

主なルール

・競技者
男女混合
5歳以上で電動車椅子の操作ができれば参加可能
要身体障害者手帳(日本国内ローカルルール)

1チーム4名 (ゴールキーパー1名を含む)

 

 

・コート

バスケットボールのコートを使用

・試合時間
前後半各20分 (10分休憩)

 

・ボール

 

 

電動車椅子サッカーボールは7号球を使用

 

 

・電動車椅子

最高速度10キロ以下(日本国内ローカルルールでは最高速度6キロ以下)

 

 

・2on1

基本的にボールに対して3m以内で各チーム1名しかプレーに関与してはいけない。

 

 

・3in(スリーイン)

インプレー中に同一チームの3人以上の競技者が同時に自陣ゴールエリア内に入った場合はファールになります。

 

 

・リスタート
相手選手はボールから5m離れる。

・PK
通常のサッカーと同様の方法で、3.5m離れて行う。